復活! PARKER180

長い間使えなかった(使わなかった)万年筆、「PARKER180」が復活しました。

学生時代に使っていた万年筆は、プラチナ万年筆の「PLATINUM 18K」と、このパーカーの「PARKER180」でした。

3年ほど前から、この2本を復活させようと、首軸を水に数日間漬け置いたり、スポイドで洗浄したりして「PLATINUM 18K」は復活したのですが、「PARKER180」は書けなくはないけどインクが途切れて使えない状態でした。
ペン芯を抜いて清掃すれば良いのだろうけど、壊すのは避けたいので諦めていました。

原因は分かっているのです、学生時代にパーカーのインクカートリッジを使い切り、たくさん持っていたプラチナ万年筆のインクカートリッジ(ブルーブラック)のインクを使っていたのです。
そうです、プラチナのブルーブラックインクは古典インクと言われる物で、時間の経過とともに空気中で酸化されタンニン酸第一鉄となるり長期保存ができるインクなんです。
当時はそんな事知らずに使っていたものだから手入れもせず、何年も使わずに乾燥させてしまい、強固なインク詰まりを作ってしまったんですね。

で、アスコルビン酸(ビタミンC)を使ってこの化合物を科学的に還元させ復活できるって事を知り、早々とDHCのビタミンC(カプセル)の粉末で作ったビタミン水に1日浸しスポイドで洗浄。
キャップの内側も化合物でザラザラだったのが綺麗になり、その効果が確認できました。

結局この方法で2回の浸け置き洗浄をしてインク詰まりが解消しました。

 

数十年ぶりに復活した「PARKER180」は、こんなにインクフローが良かったんだと思い知らされました。
本当に細くてスマート、通常使いには無理かな?

元々ペン先が乾燥しやすかったのに加え、キャップの締まりが緩くなっていて、今後は普通の染料インクしか使わないようにします。

裏書きが細字で表書きは中字。
(でも、私の持ってる普通のセーラープロフィット21(Mニブ)の方が裏書き極細で表書き太めの中字とメリハリがあり十分実用になるって事は言わないでおこう)

キャノン製 Satera MF4270

今も使っているスモールオフィス向け複合プリンター Canon  Satera MF4270 の事です。

Canon MF4270
FAX機能付きの複合型です。

何年前からだったろうか?
電源スイッチを切ると日付がリセットされてしまう病状が出ていたんですよね。

で、気付かずにデタラメな日付でFAXを送信してしまい、とても使えない状態だったんです。

勿論、その当時(何年前だったかな)キャノンのお客様相談センターに問い合わせてみた。

電話口のお姉さんは1日電源を入れておけば内蔵バッテリーが充電されて設定内容は保存されると...

電源は入れっぱなしなので十分充電されている状態、しかしちょっとでも電源OFFすれば設定内容や電話番号は消えなくて、日付だけがリセットされちゃうんですよ。

で、お姉さんにバックアップ用のコイン形電池とか有るんじゃないですか?と聞いてみたんだけどそんな情報はないと...

てことで、数年FAX電話を使ってきたんです。
MF4270はコピーとプリントのみの使用って事です。

最近googleで「MF4270 バッテリー(とか分解,修理)」なんて検索かけても相変わらず何も出ない。
ただ、ついにME4720の修理期限が2015年9月で終了しているのが確認できました。
http://cweb.canon.jp/cgi-bin/e-support/repair/select/info.cgi?pr=MF4270

そんなこんなで、十分使ったってことでバラシテみました。
やっぱりコイン電池CR2032が使われていましたよ。
img_9066

早速新しいCR2032と取替え元通りに組み立てます。

これで電源断でも日付がリセットされる心配もなくFAXとしても復帰させることが可能となりました。

では分解法を簡単にメモしておきます。

  1. ケーブル類を取り外しトナーカートリッジと用紙を取り去る。
    用紙カセットを取り外す。
  2. 本体フロント部を取り外す。
    操作パネル部を持ち上げた状態で下図のねじ2本を外し、そのパーツの下側の爪を外せば取り外せる。
    img_9076x
  3. 本体を下図のように横倒しにする。
    img_9073
  4. 右側面パネル(横倒しで上面のパネルとなってる)の前面と左側の爪を外して手前側を持ち上げ最後に後ろ側の引っ掛かりを外せば側面パネルを外せる。
    img_9069

まあこのプリンターは業務用って事でしょうから、消耗品のバッテリーでも保守会社の専門家が取り替えるんだから、分解してじゃないと交換すら出来ない仕様なんでしょうね?

プレピーもついでに買っちゃいました

気軽に使えて本当にお得なプレピー(プラチナ万年筆)もボトルインクのブランセピアと一緒に購入しました。

手元にあるプレピーは5本、今回はパープル色を追加です。
img_8712

で、プレピー新調時の儀式から。
先ずはニブ(ペン芯と一体)を取り外し、インクだまりの溝がニブの裏側になる様にさし込み直します。

img_9050

img_9055

機能的にはなんの問題もないけど、使っているときに透明首軸のインク溜まりのヒダヒダの縦溝が見えるのが気にくわないだけなんですが...

img_9052
この黄色のプレピーの方が分かりやすいですね。

そして、見た目に邪魔なプリントを徐光液で拭き取ります。
印刷すべてを消し取るのも良いかもしれませんが、私は説明文とバーコードの部分のみ拭き取っています。

img_8702
こちらの面のプリントですね。

img_8705
preppyロゴのプリント側はそのまま残しています。
200円の万年筆ですがインクの渇きを気にせずに使えてイイですよ。

P.S
徐光液はこちらの商品(嫁さんの)を使いました。
img_8706

茶色のインクを購入したよ

プラチナ万年筆の顔料インク、ブランセピアを買ってみた。

プラチナ万年筆のブランセピア

手持ちの万年筆#3776センチュリーブルゴーニュの色に合った色を探していたんだけれど、顔料インクに拘るとこれくらいしか無かったんで...

今までは、同じくプラチナ製顔料インクのカーボンブラックを入れていたんだけれど、ブラックはプレピーとセーラーのプロフィット21にも入れているので別の色を物色していたんです。

センチュリーとブランセピア 

コンバータにインクを入れたところ

なかなか良い色のブラウンですよ、ちょっと薄いですが太めのニブには合うんじゃないかと思います、残念ながら私のセンチュリーは細軟のニブで、このインクの濃淡を堪能するには役不足でした。

あけましておめでとうございます

2015年1月1日、寒い寒い元旦でした。
吹雪舞う中、近くの神社に初詣...

筑紫神社1 筑紫神社2
やっぱり人が少なかった。

庭先2 庭先1
こちらは我が家の庭先です、けっこう積もってますよ...

そして、今年は日の丸ジェット元年、MRJATD-X の初飛行が控えています。
楽しみですね。

で、昨年後半からは、ずっとパソコンの壁紙にMRJを設定しているんですよ。
こちら からダウンロードしました。

三菱MRJ01 三菱MRJ02

右側の画像は年賀状にも拝借させて頂きましたよ。

今年も宜しくお願い致します。

DLNAサーバーを立ててみる

HDD容量に余裕が出来たし、これからはサーバーに音楽や動画ファイルなんかも保存できる。

て事で、DLNAサーバー立ててスマホやテレビでサーバー内の動画を見てみようと思い立ったんです。
まあ実際には家のテレビにはDLNA機能が無くてブルーレイレコーダーのディーガ DMR-BWT520が有るのみ。
そして、私のスマホがレアなパナソニックの102P...
パナ同士って事で、すでにこのスマホとディーガ間ではDLNAで録画した番組どころか放送中の番組が見れたりするんです。
つまり、102PのDLNAクライアントソフトはDTCP-IP対応なんですね。

話を戻して、やりたい事はサーバーに保存したmp4やmp3ファイルをスマホやパソコンやディーガで再生する事です。

クライアントのパソコンWindows7はメディアプレーヤが対応している、スマホの102Pも標準で対応している、問題はディーガですがネットで調べると無理みたいですね。

まあとにかく今回はDLNAサーバーソフトとしてminidlnaをインストールしてみます。
ubuntuの場合 apt-get install minidlna でインストール出来るみたいですが、Vineは出来ません。
こちらのページこちらのページ を参考にさせて頂き、ダウンロードしたminidlna_1.1.0_static.tar.gzをインストールします。

今回は珍しくすんなりと動作させることが出来ました、先人に感謝です。

とは言ってもバージョン違いから起動停止スクリプトが動作してくれませんでした。
問題は下記の2箇所だけ、下記をファイル名minidlnaで保存し/etc/rc.d/init.dの中入れ実行権限を与える。


#!/bin/sh

# chkconfig: 345 99 10
# description: MiniDLNA is server software with the aim of being fully compliant with DLNA/UPnP-AV clients.

MINIDLNA=/usr/sbin/minidlnad                ← 変更した行 minidlna を minidlnadに
ARGS='-f /etc/minidlna.conf'
PIDFILE=/var/run/minidlna/minidlna.pid      ← 変更した行 フォルダ minidlnaの中に
LOCKFILE=/var/lock/subsys/minidlna

test -f $MINIDLNA || exit 0

. /etc/rc.d/init.d/functions

start(){
echo -n "Starting minidlna : "
daemon --pidfile $PIDFILE $MINIDLNA $ARGS
RETVAL=$?
[ $RETVAL -ne 0 ] && failure
[ $RETVAL -eq 0 ] && touch $LOCKFILE && success
echo
return $RETVAL
}
stop(){
echo -n "Stopping minidlna : "
killproc -p $PIDFILE $MINIDLNA
RETVAL=$?
[ $RETVAL -ne 0 ] && failure
[ $RETVAL -eq 0 ] && rm -f $LOCKFILE && success
echo
return $RETVAL
}

case "$1" in
start)
start
;;
stop)
stop
;;
restart|reload)
stop
start
;;
status)
status $MINIDLNA
;;
*)
echo "Usage: $0 {start|stop|restart|reload|status}"
exit 1
esac

exit 0

で結果はWMP(ウインドウズメディアプレーヤ)ではmp3,wma,mp4が問題なく再生されましたがデジカメのjpgはスライドショーとして再生されますが実用的ではない。

私のスマホ102Pでは標準のDLNAソフトではmp4,jpgは正常に再生されましたが、音楽が聴けないのでskiftaて言うアプリを入れてみると mp3, mp4,jpgとも再生出来ました。

ディーガではjpgは再生出来ますが mp3, mp4は再生出来ませんでした、矢張り...

意外にも手軽にDLNAサーバーが立てらたんですが、実はmp3ファイルではすべての曲名がUNKNOWNとなってしまうんですね、wmaとかaacでは正常に表示されるんですけどね。

この問題はminidlna側の問題で曲名をデータベースに登録する時点で発生しているらしいです。
こちらのブログに詳しく書かれています、素晴らしい。

つまり、バイナリファイルではなくコード修正してビルドすれば解決するって事ですね。

で最新版の minidlna-1.1.1.tar.gzをダウンロードし問題のコードを見てみると、すでに対策されているみたいです。

あとはこれをビルドするだけなんですが、make出来ずにいるんです...
libavutil ヘッダーファイルが足りないみたいです...

そのうち何とか出来そうですが今回はここまで。

 

サーバーのHDD交換

160GBの容量しかなかったサーバーのHDDを1TBに容量アップ。

サーバーとは言っても必要な時にしか運転してないので2009年から壊れずに使い続けている、まあ使う時は回りっぱなしなんですけど...

OSは今回もVineLinux6.2で行きます、容量に余裕が出来るんでバックアップ以外にDLNAサーバーを立てたりデスクトップ機としても使うつもりです。

そして以前から目をつけていたOwltechのリムーバブルケースOWL-BRKT09を使います、お安くなりました。

コンパクトでチープだけどこれで十分じゃないかな 本体側にコネクターが無い分奥行きに余裕が出来る

なぜこのケースを選んだのか? 奥行き的にこれしか選択技が無かった... そして価格。

HDDのアクセスランプや電源表示も無いのですが、それは私には大歓迎、HDD直挿しじゃ無くねじ留めのカートリッジ(HDDのフレーム、レールとなる)を介しての抜き差しとなるも頻度が少ないしそれで十分。

ただ電源コネクターが2系統独立してついている、ここはスッキリと1個にまとめます、ついでにDVDドライブの電源も含めてしまいました。

HDD2台分の電源コネクターが独立している こんな風にDVDドライブ分も合わせて3台分の電源を1コネクターにまとめた

本体(Aopen製ベアボーン、XC Cube LE201)に取付けるとこんな感じ、CPUファンは取り外してケースファンを吸気として取り付けダクトでヒートシンクに導く。
簡単なフィルター紙(キッチン用)をビニールテープで固定する、これだけでも十分に効果が有る。

サーバー(AopenのLE201)に取付けたところ ケースファンにダクトをつけてCPUファンを省いている

HDDはこんな感じで取替えできる、停止中にしか出来ないけど... ケースファンは勿論吸気、簡単なフィルターだけどとても有効。

で、今回使う東芝のMQ01ABD100と今まで使ってきた日立のHTS545016B9A300をカートリッジに取付けたところ。
トレーではないので底板は無い、通常は1台のみ差し込む予定なので放熱的には有利かな?

新調した東芝のHDDとこれまでの日立のHDDを付属のカートリッジに取付けたところ。 こちらはその裏側、トレーではないので丸見え、放熱的には正解かも...

東芝のMQ01ABD100はAFT、そして愛用のバックアップソフトが「Acronis True Image Home 2010」...
このバックアップソフト、古いけどLinuxにも使えるしイメージバックアップなんで簡単で早い。
ただし、ex4(Linuxのファイルシステム)に対応していないので、いまだにex3でフォーマットしている。

そんなかんだを考慮しながら今までの32bit版ではなく64bit版のVine6.2.1をまっさらにインストールし動作確認後Acronisでバックアップしてみると...

出来ない、この旧バージョンのAcronisはGPTに対応してなかった... 色々と設定する前でよかった... そういえばWin7の2TBのHDDもMBRにしてたんだった。

て事で、もう1度MBR形式でex3フォーマットでインストール、バックアップもOK。

以前の設定を使いproftpd,samba,apache2,MySQL,WordPress等色々設定。

そして、DLNAサーバーをインストールしてみます...

 

コンパネ5号を取り付けてみました

私のパソコンのフロントパネルには、ヘッドホン端子やマイク端子は勿論USB端子さえ無い。
なにしろ Windows 98 時代から使っている古いフルタワーケースなのだ。

右側のパソコンへ取り付ける しかも、同じケースが2台...

机の下に置いているのでフロントパネル側に色んな端子類が欲しくなる...

5インチベイのメクラ板に、それらの端子を取付ける工作も良いけど、手ごろな価格で見た目も良い物が有った。

「コンパネ5号」って言う製品です、前記端子にメモリーカードリーダー3種類と2.5インチHDD用モバイルラック機能、それにファンコントロール2点と温度センサー2点のてんこ盛り!

もうこれしかないでしょう...   て事で早速購入。

「コンパネ5号」のパッケージ パッケージから取り出したところ

ケーブルが結構な本数になる、本体5inベイにに取り付ける前にケーブルをコンパネ5号に接続しておく。

本体へ取り付ける前にケーブルを接続しておく 最上段の5inと3inのコンビFDDと入れ替える

本体に取付けたところ、ケーブルには接続用途を記入しておく 取り付け完了し試運転中、2.5inHDDをマウントしてみる

こんな感じで古臭いパソコンが使い勝手も良く、見た目も精悍に生まれ変わりました。

※ この改造は2012年04月の事で、すでに「コンパネ5号」は「コンパネ5.1号」にバージョンアップされています。

 

FAメンテナンス設計合同会社 管理人ブログ

↓