プラチナ万年筆のプロシオンを買ったよ

久しぶりに、プラチナ万年筆のプロシオンを買ってみました。

この万年筆が発売されたころは気にも止まらなかったのだけれど、2019年の日本文具大賞で機能部門グランプリを取ったとかで気になりだして...

プラチナ万年筆のプロシオン、美しい黄色! キャップをお尻に付けるとこんな感じ

ニブはステンレスで大きめ、S 細字を選びました。 

最近はパイロットの”カクノ(kakuno)“や”ペン習字ペン“の透明軸ばかり使っていました。
何故か、使いやすさとインクフローの良さに尽きる。
欠点はインクの蒸発がやっぱり気になり顔料インクを使いづらいこと、ペン習字ペンはねじ式の小さなキャップなので問題なくプラチナ製顔料インクのカーボンインクで使っていますよ。

今回買ったプロシオン、なぜ買った?
インクが蒸発しにくい”スリップシール機構”、”新設計のインク吸込み口”などなど!
いやいや単純に”黄色”シトロンイエローと呼ばれる”黄色”、これに尽きるのである。

で、使用感は... 細字を買ったんだけど、ちょっと中字よりでプラチナらしくインクフローは渋めでした、個体差でしょうけど...

でも、やっぱり黄色は最高、手触り感もマットなシトロンイエローは最高です。

ねじ式のキャップは3/4回転で開け閉め可能で使いやすいですね。
#3776センチュリーは5/3回転くらいですから、1回転弱少ない回転で済みますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*