スバルR1のオーディオいじり

オークションで手に入れたステラ用AUX入力対応の純正デッキとBluetooth基板を使い、外観そのままでスマホの音源をブルートゥース接続で音楽を再生する計画です。

落札したステラ用オーディオデッキの動作テストは終わっていましたが、ついにR1のデッキを取外します。
ネット情報を活かしラジオのアンテナを抜き、焼き鳥の串を4か所の取外し穴に差し込み引っ張り出します。
が、なかなか引き出せず助手席側のパネルを外すことで何とか引っ張り出せました。

R1の助手席のパネルとオーディオデッキを外したところ。

R1の助手席のパネルとオーディオデッキを外したところ。

後はデッキパネルの交換ですが、パネルスイッチの機能が変わる操作ボタンを入れ替えるためにパネルをばらします。

両デッキのパネルを外し並べて見たところ

両デッキのパネルを外し並べて見たところ

デッキのパネルを分解してスイッチの操作ボタンを取り外せる

デッキパネルの分解、基板を外し更に透明の板を外すとスイッチの操作ボタンを取り外せる

入れ替え完了、肝心のAUXボタンに傷が...

入れ替え完了、肝心のAUXボタンに少し傷が、まあ落札中古品だから...

改造完成したオーディオデッキ背面、右の丸いのがリモコン

改造完成したオーディオデッキ背面、右の丸いのがスマホ操作用のリモコン

AUXのコネクターは使わずに基板に 3.5mmステレオミニプラグ付きのシールド線とAUX選択用信号線を直接はんだ付けしたので、背面のアルミ放熱板の通気口から引出しホットボンドで固定保護した。
AUXのイネーブル信号(写真茶色の電線)は放熱板のビスに直接接続し常時AUX入力選択が出来るようにした。

Bluetooth基盤はR1のシフトレバーカバーに張り付けた

Bluetooth基盤はR1のシフトレバーカバーに張り付けた

Bluetooth基板の電源はドライブレコーダーの電源を利用します、R1Sにあるスポーツモードスイッチの場所が空いているので、ここにドライブレコーダーの電源(DC-DCコンバーター)を無理やり取り付けています。シガーソケットに差し込むタイプの電源なので電極むき出しとなり白色ビニールテープで絶縁しています。

本当は専用にしっかりしたDC-DCコンバーターを付けたいところですが取り合えずドライブレコーダーの電源を共用して動作させてみます。

Bluetooth基盤の取付け場所はシフトレバーカバーの右上(ドラレコ電源側)に両面テープとホットボンドで固定しました。
また、Bluetooth基板には手持ちの電解コンデンサーを電源部に追加しました。

R1に取付け完了し動作試験中、リモコンの場所は??

R1に取付け完了し動作試験中、リモコンの場所は??

てことでAUX=Bluetooth入力として機能するR1オーディオが完成しました。
気になっていたラジオとスマホの再生音量の差(Bluetoothの動作確認音ピポパの音量)もそれほど大きくなく、十分実用になるようで良かったなと...
まずは、以前使っていたSIM無しのスマホを音源専用DAPとしてダッシュボードのポケットに放り込んでその辺をドライブしてみましょう。

やはり写真のリモコンスイッチの位置ではハンドル操作に邪魔ですね、内側(ステアリング中心側に)に45度ほど傾けてやれば何とか使えそうですが、別の場所に取り付けたほうがいいのかな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です